こねてこねて、こねまくってジェラートを作ろう!ジェラートマイスター!


どーもダイス&ダイスです。

コンビニなんかでアイス売り場をのぞくと、
そりゃー、種類豊富なアイスが並んでますよね。

ただ、アイスの仲間であるジェラートって
あまり見なくないですか?

ただですね、今回そのジェラートで
なかなかクオリティが高いものを
見つけてしまいました。

それが、こちら。
『ジェラートマイスター』


マイスターってあるんだから、
これは期待できます。
ロッテからでている商品です。

ここでひとつ疑問なのですが、、
そもそもジェラートってなんなんすかね?

よくオシャレなショッピングモールとか、
テーマパークにはジェラート屋があるものですが、
なんなんでしょうね。

ということで、
アイスとジェラートの違いを
軽く調べてみました。

アイスとジェラートはここが違う!

まず、ジェラートという言葉なのですが、
イタリア語なんですね。
たしかに、イタリアってジェラートが有名ですもんね。

で、イタリア語であるジェラートは、
アイスクリームを指すようです。

しかし、日本でいう一般的なアイスは
乳固形分15%以上でそのうち8%は
乳脂肪でなければいけないようです。

この乳固形分15%は
以前、ご紹介したアイスクリームスプーンの
名前の由来にもなっていますね!

一方、イタリアのジェラートは
乳脂肪5%以下が通常。

そのため、分類的には
アイスクリームではなく、
アイスミルクや氷菓となります。

ジェラートの方が、あっさりヘルシー、
フルーツの味が活きるなどの特徴があります。

食べ方は二段階!

アイスクリームとジェラートの
違いがなんとなく判明したところで、
早速食べていきます。

蓋をあけると、
中ぶたに食べ方がかいてあります。


1:そのまま。
なめらかさと素材感を楽しむ

2:練る。
スプーンの裏で押し付けるように練る

3:体感する。
際立つ風味となめらかな舌触り

ということです。

中ぶたをとるとこんな感じ。


では、まず、そのままいってみたいと思います。


ジェラートのねっとり感は特になく、
ふつーのあっさりとしたアイスです。
とちおとめの味がおいしい。

では、つぎ、練っていきます。
これ、結構力つかいます!

まずはスプーンでぐさぐさ。


スプーンの裏も使ってやります!


ぐるぐる!だいぶ粘りがでてきました。


完成すると、最初と比べ物にならないくらい
ねっとり、ジェラート感がすごい!


うん!マイスターの名に恥じないジェラート感!
たしかに、フルーツの味が活きてとてもおいしい。
食感も練ったことでしっかり!

練る作業も楽しめ、
これだけのジェラートを体感できるので、
なかなか満足できました!

調べてみると、イタリアジェラート協会認定らしいです。
なかなか、本格的じゃねーか!!

アイスもいいけど、
ジェラートってやつもたまには食べたい!
なんて方には、いいアイテムだと思います!


アルフォンソマンゴー・シチリアレモン・ピスタチオ
フランボワーズ・期間限定など、
味もたくさんあります。

コンビニで200円ほど。
ぜひ、試してみてください~。

置いてあるところが少ないのが、
ネックですが。。。


本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。
また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。

===

facebook
新着記事のお知らせはfacebookでも
行っておりますので、どうぞご覧ください。

こちらの記事もおすすめ