まるで実験!?混ぜたら変わる、色と味。子どもとも楽しめる【おかしな水あめ】


どーもダイス&ダイスです。

小さな頃、
お菓子の粉や水を混ぜて作る、
不思議なお菓子ってありましたよね。

どこか実験しているようで、
それでいて自分で
作っている気持ちにもなって、
ワクワクできるようなお菓子。

みなさんも
体験したことが
あるのではないでしょうか。

そんな、どこか懐かしいような
お菓子を久しぶりに買って、
作って食べてみました!

それがこちら!
【おかしな水あめ】です!


どんな商品かと言いますと、
本当に単純。
水あめを混ぜるだけ!
そして、混ぜると味が変わるんです!





(もう答え言っちゃってますよね・・・)

それと、ネーミングにも工夫がされています。
【おかしな水あめ】の「おかしな」には
「お菓子」と「可笑しい」だけでなく、
古文の「おかし:趣(おもむき)がある」
掛けられています。

とてつもなく考えられた商品なんです!!
(注:妄想です。)


では早速作っていきます。


入っているのは
赤・黄・青、
3色の水あめ。
それと、混ぜるための
トレイとスプーンです。

お皿に入れてみるとこんな感じ。


どこか、おしゃれな絵の具みたいで
とても綺麗です。

味ですが、
赤がイチゴ、
黄色がレモン、
青がソーダ。


スプーンで触ってみると、
赤は本当にねばねばしています!
もうサンプル食品みたく
水あめが形作られます。


黄はとってもさらさら。
水あめなのに、
すぐに雫になってしまいます。


青はしっかりとろとろ。
赤と黄の中間くらいの
柔らかさです。

では混ぜてみます。

まずは青と黄。


黄と青を混ぜると
黄緑になりますが・・・


うーん、黄緑というより、
灰色って感じです。
ちなみに味は
レモン強めのソーダ味って感じです。

では、最後に赤を混ぜてみます!


すると、


うん、何となく、紫っぽくなりました。
まぁ、赤が強い気もしますが・・・

柔らかさは、
どちらかというと、
青のとろとろ感です。

で、味なのですが・・・

なんと、驚いたことに、
若干ぶどうっぽいんです!
不思議ですね、
ソーダとレモン、イチゴを混ぜたのに
ぶどうっぽいなんて。

また、この商品の楽しいところ、
混ぜることは
やっぱり大人でもワクワクしました!

実際に作ってみて感じましたが、
楽しかったですし、
子どもと「どんな色になるかなぁ?」
なんて会話をしながら
一緒に作るのもいいかもしれません!

実験しているみたいで、
美味しく食べられる
こちらのお菓子。
気になった方、
子どもと一緒に何か
楽しいお菓子ないかなぁ
なんて考えている方は
ぜひ試してみてくださいね!


本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。
また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。


===

新着記事のお知らせはfacebookでも
行っておりますので、どうぞご覧ください。

こちらの記事もおすすめ