有名映画のあらすじを一言で表すと、ストーリーは分からないけど逆に気になり過ぎる件。

どーもダイス&ダイスです。

みなさんは映画を見る際、
あらすじって見ていますか?

そのストーリーを説明し、
かつ、その映画を見たくなるよう
工夫を凝らして作られています。

映画を見る際は、
かなり見ている方も
多いと思います。

ですが、そんなあらすじ。
友人に口頭で伝える際って、
結構省略して伝えがちですよね。

自分も友人に伝える際は
かなりはしょって
説明しているんですが、
意外と伝わるんです。

なので今回は、
有名映画のあらすじを
より簡単に伝えてみたら、
どんな表現になるのか
やってみました!

読んでみて気になった方、
また観たくなった方は、
ぜひ、観てくださいね!


「 E.T. 」


アメリカに植物調査のために
宇宙船でやってきた
ひとりの宇宙人E.T.と
子どもたちとの友情を描いた
スティーブン・スピルバーグの有名作品。

研究のためにE.T.を
連れて行こうとする
NASAの職員の思惑や
それを必死で止めようとする
子どもたちの心情などを描く名作は
一言で表すとこうなります。

宇宙人と友達になる話


まぁ確かに、
間違ってはいないけど・・・。
何とも喉に小骨が刺さったような
感覚を覚える簡単な表現です。


「 アルマゲドン 」


ある日、作業中のスペースシャトルに
無数の岩が当たり爆発する事故が発生。
その後、地球にも隕石が落ち、
災害が発生していきます。
調査の結果、
テキサス州と同じ大きさの
小惑星が地球に
向かっていることが判明します。

それを食い止めるため、
選ばれた宇宙飛行士たちと共に
その小惑星を核爆弾で
破壊する計画を実行していく
ヒューマンアクション。

そんな今なお語り継がれる名作を
一言で表すとこうなります。

隕石が落ちてくる話


いや、まぁそうだけどさぁ・・・。
宇宙へ旅立つまでの心情とか
小惑星の上での苦渋の選択とか
いろんな表現あるじゃん。
いや、確かに合ってるけどさ・・・。


「 スタンド・バイ・ミー 」


とある田舎に住み、
いつも集まって
遊んでいる子どもたち。

そんな彼らは
30キロ離れた線路の近くの森に
列車にはねられた死体が野ざらしに
なっていることを
不良グループから盗み聞きします。
「死体を見つけたら有名になれる」と
4人はその死体を見つけるため
線路の先を進む冒険に出掛けます。

森での野宿やヒルとの戦いなどを経て、
線路を突き進む冒険と友情の物語。
どこか青春を感じさせ、
大人を感動させる名作は、
一言で表すとこうなります。

子どもが死体を探しに行く話


おぉ、結構ダークなイメージになりました。
この作品を観ていない方にとっては
青春というイメージを
彷彿とさせない表現になりました。


「 ダイ・ハード 」


ニューヨーク市警の刑事
ジョン・マクレーンは
妻ホリーの勤め先のビルへ
向かっていました。

それと同時刻、
ホリーの勤め先では
武装グループによって
占領させてしまい、
ホリーは人質となってしまいます。

ホリーを助けるため、
そして武装グループの陰謀を
止めるため、
ジョン・マクレーンは
夫として、刑事として
たった一人で立ち向かいます。

そんな大人気アクション映画は
一言で表すとこうなります。

警官がテロリスト相手に暴れる話


確かに、暴れ回ってたな・・・。
てか、シリーズでたくさん出てるけど、
全部暴れ回ってるな・・・。
これはかなりしっくりきます!


「 バイオハザード 」


とある屋敷で目覚めたアリスは
記憶を失っていることに気付きます。
何も分からぬまま
足を進めていると、
そこにゾンビが現れます。
そして、ゾンビと交戦しているうちに、
自分が体術や銃術が
身に付いていることに気が付きます。

そこにバイオ研究企業アンブレラ社や
様々なもくろみがあることを知り、
荒廃した世の中で
戦っていくストーリー。

ゲームを元に、
世界中で人気のこの作品を
一言で表すとこうなります。

女性がゾンビ相手に暴れる話


まぁ合ってるけどさ、
ゾンビだけじゃないよね。
というツッコミは
置いておいてください!


「 ワイルド・スピード 」


警察官のブライアン・オコナーが
ならず者のドミニク・ドレットと共に
持ち前のドライビングテクニックを駆使し、
裏社会の様々な事件に
巻き込まれながら、
困難に立ち向かっていく
カーアクションムービー。

全世界にファンがおり、
派手なアクションシーンが
盛りだくさんのこの映画。
一言で表すとこうなります。

スピード卿たちが車に乗って暴れる話



もう、ツッコミません。


という訳で、
いかがでしたか。
「え、これだけ?」といった表現のものや
意外とイメージに合わない表現になったものなど、
多々ありますが、
一言で表すと間違った表現には
なっていないと思います。

あと、アクション映画は
基本、暴れてばっかということも
分かりました。

気になった方は
ぜひ、観てみてくださいね!
きっと、「確かにね」と
感じると思いますよ!


本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。
また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。


===

新着記事のお知らせはfacebookでも
行っておりますので、どうぞご覧ください。

こちらの記事もおすすめ