3ヶ月で500個のワッフルを食べたミスターワッフルさんのワッフル。

どーもダイス&ダイスです。

本日は日本で食べられる本格的なワッフルについて。
存在は知っていたのですが、初めて食べてみたので、
まだの方のために紹介していきたいと思います。。

その名もこちら。
『MR.waffle ミスターワッフル』


もう、ミスターワッフルという名前ですから、
そりゃ、本格以外の何モノでもないのでしょう。

ミスターワッフルはあだ名だった。

店名になっているミスターワッフル。
実は、創業者のあだ名のようです。

それもそのはず、
彼はベルギーにて初めてワッフルを食べてから、
すっかりワッフルの虜になってしまい、
ベルギー中のワッフルを食べ続けたそうです。

その数、なんと3ヶ月で500個。
単純計算、1日約5個か。。。
そりゃ、ミスターワッフルですわ。

その500個のうち、一番おいしかったお店で
レシピを学び、アレンジを加え、
日本に導入したということです。

ということは、、
ある意味、ワッフルの本場ベルギーの
500種のワッフルの頂点に近い味をいただけるという
ことなのか。。ありがてー、ありがてー。
ワッフルキュレーターや。

こだわりポイントとしては、
新鮮な生乳から作ったバターのみを使用し、
ヨーロッパ独特のシュガーで程よい甘さを実現。
保存料や安定剤が入っていない、自然な材料選びを
しているところのようです。

そもそもワッフルって?

日本でワッフルといえば、甘いものが多いためか、
おやつという印象が強いと思います。

ところが、本場ベルギーではごはんの一部でもあるようです。
スイーツ屋さんにはもちろん、お肉屋にも置いてあるんだとか。

ごはんにワッフル。なんだか、ヨーロピアン。
おしゃれですね~。

味は定番6種+季節限定

ミスターワッフルのフレーバーは
定番6種と季節限定があります。

定番はこちらのラインナップ。

・プレーン
・チョコチップ
・アーモンド
・シナモン
・焼きりんご
・アールグレイ

季節限定はこんな感じ。

・メープル
・つぶバナナ
・さくら
・マロン
・カフェオレ
・オレンジショコラ
・宇治抹茶あずき


どれもうまそう。
というか、メープルが季節モノとは
ちょっとおどろき。

メープルはデフォルトだと思っていましたが、
本場では違うのでしょうか。

ちなみに、自分はプレーンとシナモンにしました。

ワッフルのおいしい食べ方!

みなさんはおいしいワッフルの食べ方を知っていますか?

ミスターワッフルでは『おいしい召し上がり方』
という紙がついてきました。


簡単にまとめると・・・

①オーブントースターであたためる。
(1分30秒/1000w・2分30秒/500w)

②あたため後、1~2分我慢!
すぐに食べず、放置することで、
外側をサクッとすることができるみたいです。

やってみましょう。

まず、トースト。


2分我慢!


なんだか、すげーいい色になりましたよ!

さぁ、気になる味ですが、、
たしかに、通常のワッフルと比べ、
さくっと感が上がった気がします。

周りのシュガーもカリッとします。
程よい甘さで、しっかりした歯ごたえ。
バター感も感じられる。

やっぱり、お店のワッフルは違うなと
感じる一枚でした。

たしかに、おやつ以外にも
朝食なんかにはいいかも。

ぜひ、おやつにごはんに、
ベルギースタイルのワッフルを
試してみてください。

本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。
また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。

===

facebook
新着記事のお知らせはfacebookでも
行っておりますので、どうぞご覧ください。

SHOWROOM
SHOWROOMにて毎週金曜日の深夜2:00~3:00に
『ダイス&ダイスの1分トピックウィークエンド』
というラジオ番組を配信しています。
どうぞ、ご視聴ください。

こちらの記事もおすすめ