動物園で絶対使える!ついつい話したくなる【動物の雑学】

どーもダイス&ダイスです。

デートや家族旅行で行く動物園。
たくさんの動物に出会い、
その迫力にビックリしたりして
楽しいですよね。

そんな動物園をより楽しむために、
今回は、動物の6つ雑学をご紹介します!

聞いたらきっと話したくなる
「へぇ~そうなんだ」が
たくさんありますよ!


ーーーーーー



キリンの首の骨は
人間の首の骨の数と一緒。


長い首が特徴のキリン。
意外にもその骨の数は
人間と一緒で7つ。
一つひとつの骨が長い訳です。

ちなみに、キリンはウシ科に分類され、
「モォー」と鳴きます。
捕食される立場であるため、
常に周囲に気を配る必要があり、
睡眠時間は20分と言われています。


ーーーーーー



フラミンゴの色は、本当は白。


野生フラミンゴは、
基本的に小エビや藻を食べます。
その中にある成分が
身体の色を、あのきれいなピンクにしています。

そのため、小エビや藻を食べなければ、
身体の色は白になります。

動物園ではそのピンク色を
維持するために、
わざわざピンク色にする
成分を入れたエサを与えているそうです。


ーーーーーー



パンダの指は7本ある


毎日笹の葉を食べるパンダ。
実は、笹の葉を取りやすいように
7本の指があります。

諸説ありますが、
これは、笹の葉を食べるように
なってから進化して
できあがったらしいです。

ちなみにパンダは肉食動物。
生存競争を避けるため、
山奥で生活するしかなかったそうです。


ーーーーーー



カンガルーの誕生日は
生まれた日ではなく、
見つかった日。


母親カンガルーの袋の中で生まれ、
少しの間生活する子どもカンガルー。

そのため、飼育員の方でも
生まれた日は分からないのです。
一応、発見された日の
5ヶ月前が、実際に生まれた日だろう
と予測はつくそうなのですが、
詳細はやっぱり分からない。

なので誕生日は発見された日、
とするしかないようです。


ーーーーーー



ライオンも獲物を横取りする。


狩りをするのはメス、
というのはかなり有名かもしれませんが、
その成功率は約1/20ほどと言われています。

そのため、
エサがないときは、
チーターやハイエナの獲物を
横取りするそうです。

また、メスライオンの役割は狩りですが、
オスライオンの役割は縄張りを守ること。
たてがみがは、メスを惹き付けるものではなく、
急所である喉を隠すためにあります。


ーーーーーー



ゾウの飼育の際は、
敬語を絶対使わない。


非常に賢い動物と言われ
仲間の死には葬式もするゾウ。
その飼育方法も工夫がされています。
それは敬語を使わないこと。

敬語による上下関係も
ゾウは理解してしまうため、
下に見られてしまうと
踏みつぶされることもあるとか。
そのため、人間が必ず上の立場にいるよう
敬語は使わないそうです。

ちなみに、ゾウは鼻を自在に
操れるようになるまでに
だいたい6年かかり、
その期間を修業期間と呼ぶそうです。



いかがでしたか?
知らない雑学を話すことで、
今までの動物園より、
ちょっと楽しくなると思います。

ぜひ、使ってみてくださいね!


本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。
また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。


===

新着記事のお知らせはfacebookでも
行っておりますので、どうぞご覧ください。

こちらの記事もおすすめ