たった一杯の“飲み損ねたコーヒー”から、こんなことになるなんて。【コーヒーをめぐる冒険】

どーもダイス&ダイスです。

あなたは、朝の始まりに、
コーヒーを飲みますか?

コーヒーでなくてもいいです。
お茶やジュース、水、etc・・・。

一息つきたいときに、
何か飲み物を欲するときって
ありますよね?

でも、そのとき、
何も飲めなかったら、
あなたはどうしますか?

そう、今回ご紹介する映画はこちら!

【コーヒーをめぐる冒険】です!




はじまりは、
彼女とのケンカ(?)からでした。

朝、彼女の家で目覚めた主人公。
一見普通の大学生。
しかし、彼は大学を中退し、
ニートをしていました。

そして、イライラしているのか、
あろう事か、彼女に冷たくします。
コーヒー飲むか訪ねられても、
それに応えずいそいそと
その場を後にします。


お金はあるのに、
引き出せない・・・。

いきなりですが、実は主人公、
免許を取り上げられていました。

主人公が彼女の家から出て
向かった場所は「役所」。
申請をし、免許返還を
してもらおうと考えていました。
しかし、適性検査で落ち、
返還されません。

イライラした心を落ち着けるために、
喫茶店でコーヒーを注文。
しかし、これまた残金が足りません。
仕方なく、ATMで引き出そうとすると・・・

カードが吸い込まれます。出てきません。

もう、最悪すぎる状況です。

結局コーヒーは飲めません。



そして、町を徘徊することになりました。

結局コーヒーは飲めず、
町を徘徊していると、
様々な人に出会います。
一見危なそうな見た目の友人、
痩せて美人になった同級生、
寂しそうなおばあちゃん。

様々な出会いを経て、
やさぐれていた心も次第に丸くなり、
そして成長していくのです・・・。



タイトルのイメージとは、
ちょっと違ったストーリー。

タイトルでは、一見、
コーヒーを求めて町を
さまよい歩くようなストーリーを
イメージしますよね?

しかし違うんです。

今回のテーマはおそらく成長。
実は飲み損ねたコーヒーは
きっかけでしかありません。

青年らしい悩みや葛藤、不安、
そういったものから
少しずつ解放されていく一日を描いた
ほっとムービー!
そう自分は感じました!



終始モノクロ。
超おしゃれなドイツの映画です。

本編はカラーではなく、
また、舞台はベルリン。
それだけでおしゃれな雰囲気が漂います。
また、ドイツアカデミー賞で6部門受賞するなど、
かなり評価の高い作品。

見る価値はあると思います!

ありふれた青年の
ツイてない、
奇妙な一日を通して、
ちょっとハッピーを感じられる。

「何かいい作品ないかなぁ」
なんて考えている方には、
ピッタリだと思いますよ!




本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。
また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。


===

新着記事のお知らせはfacebookでも
行っておりますので、どうぞご覧ください。

こちらの記事もおすすめ