【北アルプスの谷を行く】黒部峡谷トロッコ電車をより楽しむための小さな秘訣

どーもダイス&ダイスです。

実は先日、富山の黒部峡谷へ行き、
(と言っても2017年のGWですが)
黒部峡谷トロッコ電車」に乗ってきました。

電車に揺られながらの片道約1位間20分、
魅力的な景色を堪能したのですが、
ちゃんと準備しておけばよかったな、
と思うこともありました・・・

なので今回は、
黒部峡谷トロッコ電車をより楽しむために
「ついつい忘れがちな3つのこと」をご紹介します!




1、上着は必ず持っていくべき。


自分は財布とスマホだけしか
持っていきませんでしたが、
上着の大切さは切実に感じました。(笑)

その名の通り、トロッコ電車は、
黒部峡谷という山の中を走ります。


夏など、季節によっては暑いときもありますが、
気候や気温の変化で、いつ寒くなってもおかしくありません。

ちなみに自分のときは、
Tシャツにカーディガンという格好。
運悪く雨も振り出し、また電車の風も受けてしまい、
凍えるくらい寒く感じました。

そのため、いつでも温かくできるよう、
上着は必ず持っていった方がいいです!

あと、バッグも持っていった方がいいと思います。
終点の“欅平駅”ではお土産も売ってますので、
お土産を入れるため、また、上着が要らなければ
脱いで中に入れてしまえば、邪魔になることはないと思います。



2、ちょっぴりスリルを味わいたいなら「普通客車」
  ゆったり観賞したいなら「リラックス客車」or「特別客車」



完全に個人的見解です。
自分が乗ったのは普通客車だったのですが、
そもそも、窓がありません。

崖の近くや高い橋の上を電車が走ったりするので、
かなりスリルがあります。
また、遮るものがないので絶景が目の前に広がります。

しかし、雨が降った際、とっても寒いですし、
写真を撮るとき、「落としたらどうしよう・・・」と
少し不安にもなってしまいます。

逆に、ゆっくりと落ち着いて観賞したいという方には
リラックス客車や特別客車がおすすめ。
友達や恋人と肩を寄せ合いながら、
景色を堪能するのもいいかもしれません。

難点は人気だということ。
やはり予約する際にすぐ埋まってしまったり、
当日券が完売ということもあります。
※連休シーズンはかなり混むそうです。
予約はお早めにしてくださいね!

しかし、どの客車に乗ったとしても、
景色は変わりませんし、
両方にそれぞれ魅力があるので、
どちらに乗っても満足できると思いますよ。



3、予約は必ずしておく。


旅行のときって、意外と
「当日券でいけるだろう。」
と考えてしまいがちですよね。

しかし、トロッコ電車はかなり人気です。
自分が乗った雨の日でさえも、
大勢の観光客で賑わっていました。

また、宇奈月駅からトロッコ列車の乗り場まで、
道は単純ですが、地味に歩きます。
自分の場合は7~8分くらい。
そのため、ちょっと遅れるとスムーズに乗れなくなってしまい、
その後の予定に響いてしまいます。

なので予約はしておいた方が確実です。
※ちなみに予約はHPから簡単にできます。
 念のため、HPのリンクも貼っておきます。→こちら


いかがでしたか?
様々なことを書きましたが、
でもトロッコ電車に満足したのは変わりません!
最後に、自分が撮った写真を何枚か枚貼って
本日の更新を終了したいと思います。









ぜひ楽しんできてくださいね。

本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。
また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。

こちらの記事もおすすめ