愛犬の食事、大丈夫?飼い主なら知っておきたい、愛犬を守るために必要な食べ物の知識


どーもダイス&ダイスです。

みなさんはワンちゃんにタマネギを
与えてはいけないということをご存知ですか?

ワンちゃんを飼っていらっしゃる方だと、
知っている方も多いかもしれません。

でもそれ以外に、
ワンちゃんに与えてはいけない食べ物が、
私たちの身の回りに実は結構あるんです。

なので今回は、飼い主なら抑えておきたい、
【犬に与えてはいけない食べ物】をまとめましたので
ご紹介していきたいと思います。


<ネギ類(タマネギ、長ネギ、ニンニク、ニラなど)>



とても長い名前なのですが、、、
ネギ類に含まれる「アリルプロピルジスルファイド」
という成分が犬の血液中の赤血球を破壊してしまい、
下痢や嘔吐、血尿などの症状をもたらしてしまいます。
最悪の場合、死んでしまうこともあります。
もちろん、加熱したものもNG。
カレーや肉じゃがなどの加熱した料理も、
絶対に与えないようにしましょう。



<甲殻類(エビ、たこ、イカなど)>



甲殻類に含まれる「酵素チアミナーゼ 」がビタミンB1を分解し、
ビタミンB1欠乏症を起こす危険があるので生ではあげないでください。
最近では加熱すると安全になると言われていますので、
ごく少量であれば問題ないと言われるようになりましたが、
それでもやはり、消化に悪く、下痢を起こすため、
与えない方がいい食材です。



<カカオ製品(チョコレート、ココアなど)>



「テオブロミン」という成分が中毒症状を起こし、
消化不良や脱水症状、心拍数の低下、発作など、
様々な症状を引き起こしてしまいます。
テーブルにチョコを起きっぱなしにしていて、
気付かず食べられてしまった・・・
なんてこともあるかもしれませんので、
カカオ製品は、手の届かないところに保管してください!



<カフェイン類(コーヒー、お茶、、紅茶、コーラなど)>



人間でもよくカフェイン中毒になったりしますよね。
それは犬でも起こります。
特に犬は身体が小さい分、
その効果も少量で出てしまいます。

「コーヒーなんてあげないよ」という方も、
「お茶なら大丈夫そう」と思ってしまいませんか?
実際、自分はあげようとしてしまったことがあります。

間一髪、ワンちゃんが拒否したので大丈夫でしたが、
みなさんも「お水の代わりに」とお茶や紅茶などを
あげることはしないでください。



<実は、牛乳は危険です。>



実は、スーパーなどで売っている市販の牛乳は危険です。
牛乳には「乳糖(ラクトース)」と呼ばれる成分が含まれています。
犬はその成分を上手く消化することができず、
ひどい下痢や嘔吐を引き起こしてしまいます。
少量であれば、死に至るケースはほとんどありませんが、
あげ過ぎてしまった場合は、ひどい体調不良となってしまうので、
気をつける必要があります。
牛乳をあげるときは、犬用の牛乳をあげましょうね。



<ぶどうやレーズン>



実は、原因が分かっていないんです。
現在、あげてはいけないという知識があるだけで研究中とのこと。
過去に、前日にぶどうを食べたワンちゃんが
急性腎不全で病院に運ばれるケースがかなりあったそうです。
「果物だから・・・」と与えてしまって、
大変なことになる前に、しっかり気をつけておきましょう!


いかがでしたか?
愛犬におねだりされると、
つい食べ物を与えてしまいたくなってしまいます。

その気持ち、とっても分かります。
でも、身近に危険な食べ物があるのも事実。

大切なのは、疑う気持ち。
おやつ感覚で少量をあげる際も、
「本当に大丈夫かな?」と疑う心を忘れないでくださいね。

それでも、もし、食べてしまったら、
すぐに病院にいくようにしてください。

愛犬を守り、一緒に楽しく幸せに暮らしていくために、
自分も含め、日々勉強していきましょう!


本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。
また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。

こちらの記事もおすすめ