【“超”初心者向けダーツのルール】これで初めてのダーツは大丈夫!

どーもダイス&ダイスです。
今回、ご紹介するのはこちら。
“超初心者向け”「ダーツのルール」。


ダーツって、
どんなものかは知っていても、
実際のルールが分からないという方って
結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

かくいう自分も、
学生で初めてダーツに誘われるまでは、
「とりあえず投げる」ということしか分からず、
実際にゲームをする時にあたふたした記憶があります。

このブログを見ていただいているということは、
ダーツのルールがどういったものか
全く分からないという方だと思います。

そのため今回は、

・点数の仕組み と
・主なダーツゲームの種類

を簡単にご紹介します。


一番得点が高いのは真ん中ではない!
点数の仕組み


みなさん勘違いしていませんでした?
実は真ん中ではないんです。
まず、ダーツ盤には1~20まで番号が振られています。
そして番号が振られた各ケーキカットが、
それぞれの「点数のエリア」となります。

つまり・・・



ここは20点のエリアということになります。


次に点数の割り振りについて。


ダーツ盤では
トリプル(3倍)、ダブル(2倍)、シングル(1倍)と
3種類の点数で割り振られています。


トリプル(3倍)は・・・

ダブル(2倍)は・・・

シングル(1倍)は・・・


と、なります。
つまり・・・


ここは20点のエリアのトリプルなので、
20×3で60点もらえるということになります。


ちなみに勘違いしがちな、
ブルと呼ばれる真ん中は50点。
なので、20のトリプルは
真ん中よりも点数が高いんです。


最後に、ダーツでプレイされる
基本のゲームをご紹介します。


ゲームは基本3種類!
ダーツゲームについて


ダーツゲームでは、
各3本ずつ、ダーツを投げ合い、
ゲームを進めていきます。

カウントアップ

これはおそらく一番有名で、
分かりやすいと思います。
刺さった部分の点数を足していき、
得点の高かった方の勝利となります。


01(ゼロワン)

最初に設定した点数から、
自分が獲った点数を引いていき、
一番最初に0(ゼロ)にした方の勝利となります。
カウントアップが足し算のゲームなら、
01(ゼロワン)は引き算のゲームとなります。

0ピッタリにしなければならず、
超えてしまった場合は、
前のターンの一番小さい数字に
戻ってしまうのが難しいところです。


クリケット

これは陣取り合戦のようなゲームです。
15~20のエリアで競い、
3投当てたら自分の陣地となり、
初めて点数を獲ることができます。

3投は3回分ということ。
つまり、トリプルを当てれば1回で済みます。

逆に獲られてしまった場合は、
3投当てれば“塞ぐ”ことができ、
相手に点数を獲られなくすることができます。

そういった攻防を行い、
得点が高かった方の勝ちになります。


いかかでしたでしょうか。
点数の仕組みやゲームの内容が分かれば
初めてのダーツだって、
より楽しめるゲームになると思います。
とはいえ、やってみないことには本当に楽しめません。
これを読んで、ぜひダーツを楽しんでください。

本日はダイス&ダイスに来てくれて
ありがとうございました。

また明日もお会いできたら嬉しいです。

ダイス&ダイスでした。

こちらの記事もおすすめ